忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そして永久の別れ



※DRRR!!
※静雄と臨也
※死にネタ注意!




あの男が死んだ。
俺の人生の中で唯一だと今ここで言い切れるほど、嫌いで嫌いで嫌いだった奴が死んだ。いつか殺してやると胸に誓い、いつも死ねと呪いつづけたあの男が死んだ。俺以外の手であっけなく。

あいつの終わりは本当にあっけないものだったらしい。あのむかつくスキップでいつものようにルンルンと携帯を見ながら歩いていたところを交差点を曲がってきたトラックにはねられてバン。終了。
俺は結局あいつの最後の表情を見ることは出来なかった。今はただ、静かに棺に横たわる奴の、眠るような青白い顔を眺めている。

あいつの秘書をしていたらしい黒い服の女にさあとすすめられてその白い頬にふれた。そこに温度はなくただただひんやりとした冷たい感触だけが俺の手に伝わってきた。そういえばこいつは冷たい男だったなと思い出す。いつだってひやりとして、浮かべる笑みも温かみなどまるでなくて、俺はそれがとても気に喰わなかった。けれど一度だけ、奴に初めてふれたあのときだけは、奴はたしかに熱を持っていた。あのぬくもりを俺は忘れない。それはたしかに俺にふれて、そして肩を震わせてこう言ったのだ、「シズちゃん」と。

俺のまぶたに留まった涙が熱を持つ。じわりと視界が歪んでゆく。「シズちゃんっつーな」何度も何度も繰り返した言葉。何度も何度も交わした拳。幾度繰り返しても足りなくて、どうしても足りなくて、けれどもうどうやったって埋めることは出来ない。「足りねーよ、」足りねえよ、イザヤ。思わずつぶやいた言葉は届くことはない。とうとうたえきれなくなって俺のまぶたがひとつぶ涙を落とす。白い頬へとまっすぐに落ちたそれは、そのままイザヤの頬を伝って、まるで泣いているかのようにつうと流れていった。俺はそれを見届けて、ゆっくりと踵を返し、その場を後にした。




死んだひとの温度って、いちどふれたらわすれられない。

拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

プロフィール

HN:
芦野汎音
性別:
女性
趣味:
絵描く 歌うたう 本読む ネットサ~フィン(^ω^)
自己紹介:
京都在住、おたく どうじんがわたしの生き甲斐!←
ぎんたま、ばさら、おおふりを愛しています。テニヌの王子様、デュラララ!!に夢中です。愛、溢れ出ちゃう!



※解離性障害(多重人格・不随意運動ほか)を患っています。そのため更新も一人ではなく数人でおこなうことがあるかもしれません。ご了解下さいませ。

※ここに置いてある小説もどきみたいなんは、特に表記のない場合ぜんぶテニヌの王子様二次です。

※CPに節操はありません!お気をつけ下さい!

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

最新コメント

[12/31 あしの]
[12/31 あずっきー]
[09/27 芦野]
[09/27 あずっきー]
[08/21 芦野]
[08/20 杜鵑花]
[08/07 芦野]
[08/06 マサ]

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス解析