忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

それは陶酔に似た、


※仁王と柳生



「やはりここでしたか、仁王君」
校舎裏、まるで校内を隠すかのように植えられた木々にもたれて、彼はしずかに瞳をあげた。「おお、柳生か」「柳生か、じゃありませんよ仁王君。いい加減きちんと授業に出て下さい。あなたがいないと必ずわたしがあなたを探すはめになるのですからね」迷惑です、と言うと彼は、彼女のようじゃのう、とまるで関係のないことを言ってくすくすと笑った。

「授業なんか出んでええんじゃあ」そう言って彼はさも面倒臭そうに腕を頭の上で組み、ふああ、とあくびをする。「授業なんか出たって、必要なことなど何一つ教えて貰えりゃあせん」「そんなことはないでしょう」わたしは根拠も無く、学校というものを擁護してみせる。わたしの役割りはそこにあると、わたしが思っているからだ。ほんとうは、授業で教わることに、必要なものなど何も無いと、わたしだって思っている。彼は、そんなわたしにすいと瞳を向けると、「本当にそう思うか?」とわたしを見透かしたようなことを言う。わたしは彼の、そういうところが苦手だ。

「わしはの、」彼はわたしから目をそらし、どこかを彷徨うように目を泳がせながらつぶやくようにこう言った。「わしは、自分がさっぱりわからん。わしがどんな形をしておるのか、わしの肉はわしをどのように形作っていて、その中にわしの意識はどのようにうずまっているのか、何もわからん。自分自身のことすらこれほどまでにわからんのに、そのわしのまわりにあることなど、しってどうしようというんじゃ」それだけを一気に言い終えると、彼はふうっと息を吐いて、またこちらを見て微笑む。その笑みが酷く淋しそうに見えてわたしは焦る。彼の、他人になりきってしまえる彼の、自分をうしなってゆく淋しさに触れて、わたしは胸がぎゅうと締め付けられるような悲しみを覚える。胸が、胸が痛い。

「仁王君、」そしてわたしは彼の淋しさを埋めようと必死になる。この悲しさがどこからくるのかなどわからない。ただ、胸が痛い。「だから、わたしがいるんじゃないですか」そうだ、だからわたしがいるのだ。他人になりきるがゆえ、自分がわからない彼に、彼自身を教えるために。彼のための彼になるために。だからわたしがいるのだ。「仁王君、」「わたしは、自分はあなたの鏡だと、いつも思っていますよ」だから、そんなに淋しそうな表情をしないで。「仁王君、」

「やーぎゅ、」彼の手がふわりとこちらへ伸びてくる。くちびるが近付く。そして瞳が。やわらかな感触とともに、至近距離で瞬く瞳がわたしを射抜く。
「愛しとうよ」
それはまるで、わたしをすり抜けて向こう側の誰かに話しかけでもするような。「愛しとう」もう一度、今度はしっかりとわたしを見据えて、彼は言う。彼の言葉はしかしわたしではなく彼自身へと投げかけられた言葉だ。だからわたしもわたし自身ではなく彼自身となって、くちびるをひらく。「わたしもですよ、」「わたしも、あなたを愛しています」そこでようやく彼の瞳はやわらかさを取り戻す。もはや何も射抜きはしない瞳が、ふうとやわらいで、自分のための笑みを零す。そしてわたしは安心するのだ。
ああ、彼がいつも、わたしによって満たされますように。そのためになら、わたしはいつでも彼になる。彼とわたしがひとつになって、ようやく世界に平和が戻る。

「さあ、戻りますよ。これ以上ここにいたら、わたしまで教師の小言をいただきかねません」そう言って立ち上がり、いっしょに喰らってくれたらええじゃろー、と言って笑う彼に、いやですよ、とわたしも笑って言葉を返す。「戻りましょう」「・・・今夜は帰りたくないのう」「ばか言ってないで、ほら」まだぐずぐずと何かを言う彼を早く、と急かして渋々と立ち上がった彼に「授業にきちんと出たら、ごほうびをあげますよ」とちいさく囁く。「・・・ほんとか?」「授業に出たら、ですからね」とたん瞳を輝かせて、いそいそと校舎に向かい始める彼に、ちいさく笑みを零す。そう、これでいい。こうして少しずつ、わたしと彼の日々が、積み重ねられるといい。そうして、いつかは。

「やーぎゅ、はやくー」さっきとは打って変わって、たのしげなようすでわたしを呼ぶ彼に、はいはいと言いながら、いつかのわたしと彼を夢見て、そしてまた笑った。




柳生はむっつり。
前回上げたじろあと小説に感想下さった方ありがとうございました!!思った以上に感想などいただいてしまって、褒められると伸びる体質のわたしとしては、もはやこれは次書くしかないだろうと。調子に乗って書いてみました^^で、また晒してみるっていうね!^^うふふ!本当は大好きなあとししが書いてみたいんですが気付くとふだん全然考えていないようなCPを話にしてしまっています。何故・・・なんにせよ次こそはししどを!かならず!!

今日は朝からバイクに乗せてもらって嵐山へ行ってきます。嵐山行くのは初めてなのですっごくたのしみ!なのですが・・・バイク怖い^O^落ちるんじゃないかと今からがくぶるです。ぜったい大丈夫って言ってもらったからそれを信じるけれども・・・でもわたしは握力が弱いんです14なんです!・・・これ、大丈夫ですか?(誰に聞いてるんだ) うーん・・・頑張ります。あとたらいうどんというものを食べさせてもらえるらしいのでそれもたのしみ!初めてのことってなんでこんなにドキドキわくわくするんだろうな!wktk!行って来ます^▽^

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ああいけないっ

  • ゆきの
  • 2009/06/03(Wed)13:53:54
  • 編集
テニプリについての知識は薄いので、仁王君とやらは私の脳内で坂本(cv.三木眞一郎)で再生されます
…あぁイメージとして柳生はヅラ(cv.石田彰)っぽい。
いけるなぁ…これもありなのか…?
妹の前では銀魂BLは禁句にしてるけど、本心は坂本総攻めです
おぉ…腐女子精神のなんたる強いことであろうか!!

いやいや、感想としては、確かに授業ではほんとに必要なことって教えてくれないよねー(・ω・`)
保健と家庭科で大体人間生きていけるはずなのにね。

おお!

  • 芦野
  • 2009/06/04(Thu)11:33:43
  • 編集
ゆきのさまからのコメントが!!

「見てね☆」とか言っといて思い切り二次創作ですみません・・・
影響されたところは「小説を書く」というところだけですすみません・・・
オリジナルは難しくてわたしには不可能でした!
ゆきのさまはやはり雲の上のひとだ!尊敬します(//∀//)

仁王が坂本で柳生がヅラ・・・なるほど。
わたしはてにすをしって書いてるので(当たり前か)そう考えたことはなかったのですが・・・
なるほど、それでもいけるかもしんないっすね。
坂本が大好きなヅラもえ!(^q^)
あ、でもそれでいうと柳生のとこに陸奥いれてもかわいいかも・・・

坂本総攻め、わたしも激しく同意です!
でも実は目の弱い坂本(グラサンで目を保護してる)は受けかな・・・むふふ(^w^)

ちなみに柳生はヅラより数百倍変態紳士です。きもいです。

しかしきもかったり紳士だったり変態だったり詐欺師だったりするのですが、
一応てにすの王子様はみんな中学生設定なので、
それを踏まえて授業の件りは書きました。
中学生のころって特に「こんなんに意味あるんか」とか悶々したりするよね・・・っていうね(^▽^)

ま、今でもわたしは保険と家庭科で生きてける!と思ってますが。ゆきのさまといっしょ!
勉強ってきっと趣味でやってるんだよね。きっとそうだ。

それではコメントありがとうございました!またいらしてくださいね!(^▽^)ノ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

プロフィール

HN:
芦野汎音
性別:
女性
趣味:
絵描く 歌うたう 本読む ネットサ~フィン(^ω^)
自己紹介:
京都在住、おたく どうじんがわたしの生き甲斐!←
ぎんたま、ばさら、おおふりを愛しています。テニヌの王子様、デュラララ!!に夢中です。愛、溢れ出ちゃう!



※解離性障害(多重人格・不随意運動ほか)を患っています。そのため更新も一人ではなく数人でおこなうことがあるかもしれません。ご了解下さいませ。

※ここに置いてある小説もどきみたいなんは、特に表記のない場合ぜんぶテニヌの王子様二次です。

※CPに節操はありません!お気をつけ下さい!

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

最新コメント

[12/31 あしの]
[12/31 あずっきー]
[09/27 芦野]
[09/27 あずっきー]
[08/21 芦野]
[08/20 杜鵑花]
[08/07 芦野]
[08/06 マサ]

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス解析