忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なぜか突然に


※お/お/き/く/振/り/か/ぶ/っ/て
※浜田と泉



会いたいな。真夜中、ちいさな窓から薄暗いどんよりとした空を眺めながら思う。この街では星のひかりは電灯に
勝てない。そんなことにがっかりする。俺の家の冷蔵庫には何も入ってはいない。からっぽだ。からっぽ。俺の体もからっぽだ。あいつのからだはあったかかった。あいつの家の冷蔵庫にはいつもたくさんの食材がところせましと置いてあって、あいつが腕をふるうとあっというまにそれらは美味そうな食事に姿を変えてしまった。「中華料理屋でバイトしてたことがあんだ」といって照れ臭そうに、でもすこしだけ誇らしげに笑ったあいつのその料理の腕は、駅前にあるしなびた繁華街の角にあるやっぱりしなびた中華料理屋の大将直伝のものらしい。俺はそこで一度だけメシを食ったことがある。たしか、皿うどんと、餃子。だけどあのときの一皿600円の皿うどんより、からりと揚げられた餃子より、いま目の前であいつの作るチャーハンのがよほど美味く思えた。そんなこともいまじゃ昔話だ。いま俺はここで、汚れた部屋にひとりぽっちで、薄暗い空を眺めている。

「九州へ行くんだ」そうあいつが俺たちに告げたのは、俺たちが西浦を卒業する、その前日だった。「ええ?!」「聞いてねえよ!!」と騒ぐ野球部のやつらを眺めながら、俺も、「聞いてねえよ」と胸の中でつぶやいた。いま野球部のやつらの向こうで手を頭にやってなさけない顔で笑っているあいつは昨日、そのままのなさけなさで俺を家に迎え入れ、そのままの笑い顔で「たはは」なんていいながら俺を抱いた。そしてそのあと俺にキンと冷えた麦茶を渡してチャーハンを食わせた。いつもどおり、まったくいつもどおりだった。「九州に行く」なんてそんな。聞いてない。聞いてない。俺は聞いてない。

帰り道、「聞いてないよな」「浜田の奴、いきなりすぎんだよなー」などとしゃべりあう田島と三橋の声にうなずきながら、俺はそのじつ何も聞こえていなかった。そうだ聞いてない。早く浜田に会いたい。行かなきゃ。行かないと、あいつのあのちいさなアパートに。
アパートに着くと、浜田はすでにアパートの前に出ていた。見覚えのある黒い猫のついた帽子を被ったおにーさん
たちと何事かしゃべっている。そのとなりにはでかい、これまた見覚えのあるトラックが停まっていた。「泉、」ふいにこちらを振り返った浜田が俺の名前を呼ぶ。いつもどおりのあたたかな温度だった。浜田はいつでも生ぬるくあたたかい。そうしてゆるゆると俺を包んでゆくんだ。こいつといるとなにもかもがうまくいかない、いまだってほら、俺の意思とは関係なくなにかあたたかいものが俺の頬を伝ってゆく。喉から引き攣った声とは呼べない音が出る。「いずみ、」浜田の声が俺を呼ぶ。「ごめんな。」聞いてない、そういうつもりだった喉からは声なんて出ない、ただ嗚咽だけが洩れる。あやまんなよ。何をあやまってんだよ。決めたんだろ。もう決めちまったことなんだろ。昨日俺の背中を抱き締めて、それでも俺にはひとことだって問わなかった。いわなかった。そういうことなんだろ。ならあやまんじゃねえよ。ただ、俺は、俺がいいたいのは、そういうのじゃなくて、俺が泣いてんのはそういうのではなくて、ただ、ただ。

「なあ泉、」浜田がまた俺の名を呼ぶ。その瞳がいつになく真摯だったので俺は涙で曇った視界を振り払うように必死にそのきんいろの頭の下にあるまあるい目を見詰めた。「泉、あのさ」瞬間、息を止めて、浜田がいう。「あの、俺といっしょにさ、その、九州、行かねえ?」一世一代の告白をしたような緊張したおももちで、浜田は俺のかおを見る。そんな浜田を見ていたらいままでのぜんぶが俺の頭をよぎった。まだこいつとこんなふうになるなんて思ってもなかった時代の、マウンドに立つこいつの大きな背中。支えてやりたいと思ったその笑顔。思うより強いこいつに、願うより弱いこいつに、俺がしてやれたこと、してやれなかったこと。その他もろもろの、してやりたかったこと、いっしょに、したかったこと。俺の顔を所在無げに、でもつよく見詰めている浜田の顔を見返して、涙を拭って笑う。「ばァか」
「そんなの、むりに決まってんだろ」


次の日の朝、浜田はここを発った。前の夜、「もう全部引越し屋さんに頼んで持ってってもらっちゃったからさ」と笑う浜田を初めて俺の家に連れて行って、初めて俺は自分でチャーハンを作った。初めて作ったそれは酷い出来だったけれど、浜田は笑って「うまい」といった。うそつけ、と毒づこうとしたけど、こげこげのチャーハンをうまいうまいと嬉しそうにほおばる浜田を見ていたら急にまた泣きそうになって、言葉を飲み込みうつむいて笑った。見送りは家の前でした。駅までついていったりしたらきっと俺はここへは帰って来れない。「じゃあな」と笑って手を振った浜田に「またな」といったけれど、こいつがここへ戻って来ないことは俺だってしっていた。きっともう一生、俺が浜田に会うことはない。もういちどひらりと手を振って、いつものように、浜田はふらりと歩いて行った。

それから俺は実家を出て、浜田が住んでいたぼろいアパートに引っ越した。201号室。あのときのあたたかさなんかどこにもない、殺風景な部屋だった。俺の荷物が移り住んで、すこしはうるさくなってきたが、あのあたたかさはやっぱりどこにもなかった。こうして俺が未練たらたらに浜田の住んだ家に住んでみたところで、どうしたって浜田はここへは戻って来ない。どんどん浜田が薄くなる。この街から、生活から、記憶から。そうしてどんどん消えていくんだ。あの日の背中の熱さだって、麦茶の冷たさだって、あの冷蔵庫とチャーハンだって。俺にとって浜田がどんどん無意味になって、思い出になっていく。こうして空を見上げてあいつを思うことだって少なくなるんだろう。それはあいつだっておなじことだ。あいつにとっても俺が無意味に思い出になっていく。だけどせめていまだけは、このどんよりとした空を見上げてあいつに会いたいと願う。あのきんいろをこの瞳にうつしたいと、あいつの作るチャーハンを食いたいと思う。遠い空の向こう、あいつもそうだといい、そう思う。




まさかおおふりの最初の文がはまいずになるとは思わなかった。なぜだ。おおふりでいちばん好きなCPはあべはるもしくははるあべです。大好き。殺伐、いいよね!^^はまいずはおおふりの中では一番BLらしいCPだと思っています。おおきさとか、関係とか、そういうところで。ある種、とりししに近くて、そんでやまごくとかその他もろもろに似てる。要するにヘタレ×ツンデレという黄金率。ま、わたしにとってはツンデレ×ツンデレが黄金率ですが^▽^← ツンデレって、いいよね!!

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

ツンデレは世界を救う

  • ふゆ
  • 2009/10/28(Wed)00:13:28
  • 編集
おおふりktkr!!!\^▽^/
泉はぁはぁ、とかまじきもいです、私。すみません、ふゆです。

いやんはおとさんどこまでも萌えをついてくるんですから!なんですかはまいずって!どんな萌えですか!おおふりであべがキモかわいすぎて吐きそうです!^^みはしをとりあえずください、いやいやカプでなく、単体。田島くんでも可。むしろあの子が来い、ってか俺が行く。俺なら彼女にも奴隷にもなってやるんだぜぇぇぇ!!

はい、キモチ悪いー。すみません、深夜で。どんな時間にコメしてるんだって話なんですけどね。寝ろって言われてるんで寝ます!おやすみなさいはおとさん!カラオケ楽しみにしてます!

ふゆちゃんは芦野を救う

  • 芦野
  • 2009/10/29(Thu)01:39:46
  • 編集
うおおコメントありがとうございますううう!!
まさかはまいずに反応があるとは・・・これうちのブログに上げて需要あるのだろうかと悩みつつのアップだったのですごく嬉しいです!
よかった・・・うっうっおかあさん・・・ここに同士がいたよ・・・

わたしが萌えをついてるんじゃなくて泉が萌えのどツボをつきまくってくれるキャラなんだと思います!あのこかわいすぎる・・・^^
浜田との関係性とか、ものすごく好きです。あの毒舌たまらん・・・^^元先輩にあの態度って!ないです。たまらんです^^^^

ふっふゆちゃんのためならわたし、みはしでも田島でも、なんならわたしだって捧げますよ!!← ふゆちゃんが「出せ!」って言って下さったらカラカラの雑巾しぼりだすようにしてでも出します。どんどん言って下さい^^

きもちわるさでは負けません!えむ度でもね!笑

カラオケわたしも全力で楽しみにしてます!ななつちゃんが自分とふゆちゃんが揃ったらえらいことになると言ってたのでそういう意味でもすごい楽しみ笑 わたし今風邪引いて声壊してるんでふたりのはじけっぷりを見る側聴く側にまわらしてもらおうと思います!よろしくお願いしあっす!\^▽^/

ではではまた!おやすみなさい!^^ノ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

プロフィール

HN:
芦野汎音
性別:
女性
趣味:
絵描く 歌うたう 本読む ネットサ~フィン(^ω^)
自己紹介:
京都在住、おたく どうじんがわたしの生き甲斐!←
ぎんたま、ばさら、おおふりを愛しています。テニヌの王子様、デュラララ!!に夢中です。愛、溢れ出ちゃう!



※解離性障害(多重人格・不随意運動ほか)を患っています。そのため更新も一人ではなく数人でおこなうことがあるかもしれません。ご了解下さいませ。

※ここに置いてある小説もどきみたいなんは、特に表記のない場合ぜんぶテニヌの王子様二次です。

※CPに節操はありません!お気をつけ下さい!

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

最新コメント

[12/31 あしの]
[12/31 あずっきー]
[09/27 芦野]
[09/27 あずっきー]
[08/21 芦野]
[08/20 杜鵑花]
[08/07 芦野]
[08/06 マサ]

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス解析