忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

そして俺はまたさよならをする


※跡部と宍戸(と鳳)
※引き篭る宍戸の話 最終話 宍戸視点です。



夕日。あいつ。踏み切り。校舎。またな。さよなら。
あの日あの場所あの言葉が、俺の頭をぐるぐる回る。幾
度繰り返したところであいつはもう帰って来ない。そんなこと疾うにわかっているはずなのに、同じところを巡り続けて俺はいつまでも螺旋の中だ。



ひとりきりの部屋の中、停滞した空気の中をゆるゆると煙草の煙がうねる。外では雨が降っている。灰色に塗り潰された窓の外と対比するかのように、この部屋の中は白く濁っている。そういえば随分長いこと換気もしていなかったな、とぼんやり思う。けれど思うだけだ。俺の脳味噌は最近、めっきり考えることをしなくなっている。停止した頭の中で、繰り返すようにあの日の情景が流れている。さよなら。さよならさよならさよなら。俺の心はあの日のままだ。

さよなら。ひとりつぶやいてみる。さよならなんて、俺は今まで幾度と無く繰り返して来たはずだった。人生出会った数だけ別れがあるのだ。たった十数年とはいえ、俺だって人並みに出会いと別れを繰り返して来た。なのに。



その日も雨が降っていた。それは突然に訪れた。懐かしい顔だった。俺を置いて行った奴だ。俺と長太郎が付き合う、その切欠をつくった奴だ。
「しし、ど・・・?」奴は呆然と立ち尽くしたままそう言った。自然、俺の口元に笑みが上る。
「ひさしぶりだな。なに、おまえもう帰ってたの。留学は?」
「・・・終わった」また戻るかもしれねえが。そう言って奴はこちらを見た。俺はどうでもよさそうなふりで「ふうん」とつぶやく。

「わりいな、座る場所もなくてよ。適当に座って」
「おまえ、何があったんだ?」俺の言葉を無視して奴はそう言った。俺はすうと奴のほうを見ながら、ひそかに心に薄い膜を張る。こいつに捨てられたあと、身に付けた技だった。
「何もねえよ」
「何も、ねえことはねえだろ」
「ねえんだよ、何も」
「おまえそんなんが通ると思ってんのか。そんな程度の低い嘘、インサイトを使うまでもねえぜ」
「そうかよ」
「そうだよ」
「ならその万能なインサイト様でもって、俺の心でもなんでも覗いたらどうですか」
「ばか言うな。俺様は人様の心勝手に覗くなんて下世話なマネはしねーんだよ」
「すばらしい心意気ですね。ならほっとけよ。関係ねえだろ」
関係、ねえだろ。心の中でもう一度つぶやく。関係ない。そう、関係ねえんだ、おまえには。おまえはあの日俺を捨てた。それが何を、何をいまさら。

あの頃、傷付いた俺をすくってくれたのは長太郎だった。おまえに置いて行かれた痛みを癒してくれたのは長太郎だった。すべてに裏切られたような気分になって、荒れていた俺の傍に居てくれたのは長太郎だった。おまえじゃない。おまえではない。関係ない、いまさら。関わることなど出来ない。俺は今長太郎さえ失ったのに。



煙草の灰が落ちる。それにふいに引き戻されて、俺は跡部の顔を見る。奴は黙り込んで、下を向いていた。俺はそんな奴に、「帰れよ」と告げるべく口をひらいた。しかし急に顔を上げた奴に、言おうとした言葉が吐けなくなる。奴は俺が今まで見たことのないような顔でこちらを見ていた。それは、たぶん、痛みをこらえる顔だ。長太郎があの日、踏み切りの向こうで浮かべたのと同じ顔だ。それは、ひとを想う顔だ。胸の奥がちり、と痛む。

「ししど」跡部がちいさく俺の名を呼ぶ。「わるかった」そのくちびるから漏れたのは謝罪の言葉だった。何かをこらえるような、つらそうな表情のまま、跡部は言う。「悪かった、悪い、ししど、」悪い。次第に涙の混ざるような声になる奴に、俺の停止したはずの心が動揺する。なにを、そんなにあやまって。だっていまさらだろ。いまさら。そんな。

「ししど、」もはや涙を隠すこともないようすで跡部は俺の名を呼ぶ。すうと頬に手のひらを添えてくる。「すきだ」その言葉に、俺がぱちりとまばたきをすると、奴の瞳から涙がひとすじこぼれた。



夕日、踏み切り、校舎、また、さよなら。さよなら。あの日あの場所あの言葉が、俺の頭をぐるぐる回る。あの日の長太郎があの日の跡部とだぶる。「さよならしましょう」と言った長太郎が、「またな」と言った跡部に変わる。あの日跡部が言った「またな」は「さよなら」だった。なにげないふりで、おまえは俺の前を去った。なのに、なんで。なんで、その言葉を。だって、そんなの。そんな言葉は。



「いまさら、だろ」



「そうだな、いまさらだ」そう言って跡部は涙に濡れた顔で、くしゃりとわらった。「でも、すきだ。これだけは言わせろ。すきだったんだ。前からずっと。ずっとずっと、初めて会った時から。すきだった。ずっとすきだった。すきなんだ」今も。「なあ、しってたか?俺は、・・鳳がおまえをすきだったなんてこと、ずっと昔からしってた」でもそれも、いまさらだな。そう言って跡部はわらう。涙がもうひとすじ、すうと頬を流れた。

「じゃあな。今度こそ、お別れだ」跡部はそう言って俺に背を向ける。あの日とおなじ、すらりと伸びた背中だ。「またな」その声にもう涙はない。ひらりと手を振って、跡部は俺の部屋から出て行った。扉が閉まる。俺は、その扉を呆然と見つめていた。



俺の見つめる瞳から、涙が頬を伝って落ちた。次から次へと、頬を伝って涙が落ちる。どんどんどんどん、こぼれるように涙が落ちる。そして俺はようやく理解した。失ったものはもう戻らないのだということを。涙が落ちる。まるで俺のようだ。こうしてどんどん落ちていって、最後にはからっぽになる。ぜんぶ失くして、けれどもその先はどうなるんだろう。失くし終わったらそこで終わりなのか。失くしたあとがあるのか。俺は濡れた瞳で扉を見つめながら、まだ失くしていないものについて考えていた。



ここで、引き篭る宍戸の話は一応一区切りというか、おしまいです。最後までお付き合い下さった方、本当にありがとうございました!続き物など書くのは初めてだったのできっと見苦しい点が多々あったのではないかと思いますが、書き手としてはとても楽しく書くことが出来ました。それもこれも読んで下さった皆様のおかげです^^ありがとう!そしてししどごめんね!だいすきだよ!^○^

あ、そうそう、じつはこっそりきまぐれにカウンターを付けてから、今日で1週間になるんですが、なんと昨日の時点で驚きの180カウントでした!ちょ、誰、見てるの!そんな見て貰えてると思わなかったんでむしろ怖いんですけど!え、大丈夫、わたし変なこと書いてないよね、大丈夫だよね!?とにもかくにもありがとうございます!わたしの生きる力です!これからもこんな芦野と宍戸をどうぞよろしくお願い致しますね!^▽^

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

お疲れ様でした^^

  • キミコ
  • 2009/07/02(Thu)09:09:42
  • 編集
こんにちは。
連載(?)お疲れ様でした!
私はせつな系の話が好きなのでたまりませんでした~(^0^)・・・宍戸さんにはちょっと可哀想ですけど笑

芦野さんの心象描写大好きです!
これからも楽しみにしてます^^

そんな・・・

  • 芦野
  • 2009/07/02(Thu)12:32:52
  • 編集
大好きとか…照れます^0^
やー本当に、キミコさまはわたしにやさしすぎです。調子に乗ります。
わたしも悲恋モノが大好きなので、これからも登場人物が全員かわいそうな話をもりもり書いていきたいと思います!(…)不憫もえ!^0^
こんな人間の書いている小説ですが、これからもどうぞよろしくお願い致します^^
コメントありがとうございました!またいらしてくださいね!^▽^

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

プロフィール

HN:
芦野汎音
性別:
女性
趣味:
絵描く 歌うたう 本読む ネットサ~フィン(^ω^)
自己紹介:
京都在住、おたく どうじんがわたしの生き甲斐!←
ぎんたま、ばさら、おおふりを愛しています。テニヌの王子様、デュラララ!!に夢中です。愛、溢れ出ちゃう!



※解離性障害(多重人格・不随意運動ほか)を患っています。そのため更新も一人ではなく数人でおこなうことがあるかもしれません。ご了解下さいませ。

※ここに置いてある小説もどきみたいなんは、特に表記のない場合ぜんぶテニヌの王子様二次です。

※CPに節操はありません!お気をつけ下さい!

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

最新コメント

[12/31 あしの]
[12/31 あずっきー]
[09/27 芦野]
[09/27 あずっきー]
[08/21 芦野]
[08/20 杜鵑花]
[08/07 芦野]
[08/06 マサ]

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス解析