忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

むしろ俺に突っ込んでくれ

ふゆちゃん! 回してくれてありがとうがんばってみたよ!!



テニプリ「ツッコミはお前だ!」バトン


今からの出来事にリアクションなどをして下さい。
暴言は愛がある場合のみOKです。キャラが崩壊しているので注意!

↑リアクションなどというところがツボですね。わかります。


▼白石が見るからに毒の有るキノコを食べようとしている。

「白石、なんなんそれ、美味しいん?」
「ふふ・・・あんなあ金ちゃん、これはな、・・・これは、毒手を作る秘密の材料やねん。内緒やで」
「ひっ・・・ち、ちとせええええええ白石が怖いことしてるううううう!ちとせええええ!!!」
「あっははははは冗談やで金ちゃん・・・あれ?金ちゃん?金ちゃんどこ行ったん?まったく足の速い子やなぁ・・・まあええか。ぱくっ・・・んぐんぐ・・・ごくり。・・・んん~~エクスタシィー!」

▼橘が三段重ねのウェディングケーキを作ってきた。

「神尾!今度氷帝のあとべと結婚するそうだな!おめでとう!」
「誰がそんなこと言ったんすか!ちょっ違いますよ橘さ・・・」
「娘さんは貰いますお父さん」
「あとべえええええ!!!」

▼神尾の口癖が「流行に乗るぜ!」になった。

「口癖を流行に乗るにする前に髪型をどうにかしたほうがいいと思うんだよなあ・・・ねぇ杏ちゃん」
「杏ちゃんにそういうことを言うなあああああああ!!!」
神尾が流行に目覚めたりするのは杏ちゃんにモテたいがためだと信じています。

▼小石川が胃薬を常備し始めた。

「え?小石川て最初から胃薬常備やなかった?」
「こら金ちゃん、小石川がなんで胃薬常備かしらんのか?金ちゃんが心配かけるからやで」
「おまえもや白石・・・」

▼千歳の待ち受けが昔撮った橘桔平の写真だった。

「なんでこのほくろのひとセーラー着てんのん?千歳」
「え?ああそれは昔桔平と・・・」
「言うなああああ!!!見なかった、俺は何も見なかった!」

▼伊武の声が葵剣太郎並に大きくなった。

なんていうかさあ、本当むかつくんだよねああいう態度とかさあ・・・
「頼むから本人に聞こえそうなでかさで人の悪口言うのはやめてくれ!」

▼石田銀が全体的になんかエロティックになった。

「え?銀さんがえろいんは初めっからやんなあ」
「あの腰のくねりとかな・・・あぁ~んエクスタシィ~ッ!」

▼石田鉄が髪を生やし始めた。

「・・・おまえ前にスポーツする奴はハゲが基本だ、おまえらみたいに髪を伸ばすのは邪道だって言ってなかったっけ・・・」
「ま、まあまあ、石田にだって心境の変化って奴があるんだよ!なっ!・・・ま、俺だって若干なんなんだよとは思ってるけどさ・・・(ぼそり)」
不動峰が橘さんを除いて根暗の集団のような気がしてきました。

▼ユウジの物真似が似てなくなった。

「小春ううう~どないしょ~」
「安心し、ユウくんはどないなってもユウくんやで」
「小春うううううう~~~!」
「触んなや!!」

▼内村が「俺ってさ、帽子被ってる人らの中で一番地味だよね…」と落ち込んでいる。

「大丈夫だって!おまえは俺のダブルスなんだからさ!それくらいで丁度良いって!(森)」
「・・・どういう意味・・・」
内村さん顔つきが耽美系だし全然派手だと思います。むしろ甲斐くんより派手だよ。うん。

▼小春が男らしくなった。

「ユウくん、コイツを見てくれ、こいつをどう思う」
「すごく・・・小春です・・・小春うううう~~~」
「触んなや!!!」
アレ、なんか普段の小春とユウジと変わらなかったんですけど・・・小春は常に男らしく、ユウジをリードしていると思っています。こはゆうですから!!!(CP主張すんな^^^^)

▼森が無我の境地を取得した。

「you still have lots more to work on !」
「すげえ!あの森が英語しゃべってる!しかもなんかオーラまとってる!!」
「もう地味なの俺だけじゃん・・・ダブルスなのにそんなのってねえよ・・・」

▼謙也が「俺もピアス開けよかなぁ…」と呟いている。

「そんなんやったら俺ピアスやめますわ」
「なっ・・・どういう意味やねんヒカル!!」
「そのまんまの意味っすわ。謙也さんとおそろいとか恥ずかしくてやってられへんもん」
「・・・・・・なに、意識しちゃってんの」
「・・・!・・・・やっ・・・なっ・・・」
たま~~~にヒカルをいじめて楽しんじゃう謙也が好きです。そんであとで8倍返しされる謙也が好きです。

▼桜井がダビデ並にダジャレを言うようになった。

「俺にもダビデのダジャレのような必殺技があれば・・・」
「桜井、残念だがアレは必殺技ではないぞ」

▼財前が辛党になった。

「ヒカルは最初から辛党やん。先輩への発言的な意味で」
「なんか言いました?あ、謙也さんそこのコーレーグースー取って」
「おまえはもう沖縄行って知念とダブルス組め!!!」
それはそれで見てみたい気もします。

▼金ちゃんが小食になった。

「もー食べられへんわ白石~~二段弁当とか多い!デザートだけでええわ!先デザート食っていい?」
「金ちゃん、お残しは、許しまへんでぇ~~~」
にんたまでこの言葉だけが忘れられない。

▼跡部が地味になった

跡部が地味とかもはや跡部じゃないとしか言いようがない。

▼幸村が大石並に爽やかになった。

「あーははは、参ったな、からだが動かない!ははは、こりゃー大変!」
「笑ってる場合じゃないぞゆきむるぁぁああああ!!誰か!誰か救急車ぁああああ!!!脳外科に連れて行ってくれ!!!」

▼お喋りな樺地が現れた。

「もーほんと毎日毎日勘弁してくれってかんじだよ跡部さんとかわがままだしさあ今日だって『おい樺地靴下をはかせろ』って・・・俺は使用人じゃないっつの・・・なあ?思うだろ鳳?」
「う・・・うん・・・ほんと困ったひとだよね跡部さんて・・・(樺地にこんなに不満があったなんて・・・今まで喋ってくれないからって俺は・・・こんなことじゃ世界平和なんて目指せない!よし!今日から宍戸さんの次に樺地に尽くそう!そうしよう!)
結局鳳にとって大切なのは世界平和よりなにより宍戸さんだという話です。(←ん?)

▼真田がチャラ男になった。

「ちょっとそこのお嬢さん、俺といっしょにランチでもしないか」
「・・・うわ~引くわ~~・・・」

▼宍戸が「ほら、もっときやがれ…(赤面)」と誰かに向かって囁いている。

「アーン?今日は妙に素直じゃねえの・・・じゃあおまえの期待通りたっぷりサービスしてやるぜ」
「・・・3・・・2・・・1・・・」
「? 何してんだ?」
「・・・0!はい、タイムサービス終了~~~残念でした~」
「・・・! てめッ・・・ぶっ殺ッ・・!」
相手が鳳でもまったくおんなじ展開になると期待します。

▼柳の目が常に開いている。

「そろそろ止めてやったらどうじゃあ」
「ふふ・・・そうだな・・・しかしここまで怖がられると逆におもしろくてな」
「酷い先輩じゃのう・・・」

「ぎゃぁあ~~~~柳さんごめんなさいぃ~~全部俺がわるかったっす頼むから呪わないでえええ!」

▼長太郎がなんか全体的に黒い。

「おまえもうそれ別人だぜ中身以外」
「どういう意味ですか?^^」

▼赤也が誰にでも優しくなった。

「赤也、わが立/海/大/付/属/中/学/男/子/テ/ニ/ス/部の目標はなんだ?」
「それは・・・」
「常勝だ。つまり相手校をぶっ潰してでも優勝しなければならない。わかるな?」
「そ・・・そんな・・・俺には無理ッス!させないで下さい柳さん!」
「ダメだ」
「柳さん!」
「赤也」
「柳さん!!」
「アメをあげよう」
「柳さん!!!」

▼手塚が笑顔を振り撒いている。

「おはよう!おはよう!やあおはよう大石!」
「手塚・・・頼むからやめてくれ!俺と被ってるんだよ俺の取り得がなくなっちゃうんだよ・・・!」
さわやかな男は一校につき一人で。

▼葵が何故かゲイになった。

「ぼく、あんまりにも女の子にモテないんでもういっそのこと男の子に走ろうかと思って!」
「・・・そんなこと考える前にまず髪の毛伸ばしてみるとかそういう基礎的なことをしてみたらいいと思うのね・・・」
「あッ!そっかいっちゃん!ありがとう!俺、髪伸ばしてみてそれから男に走ることにするよ!」
「・・・だからなんでそうなるのね・・・」

▼大石が自己中心的になった

「英二!なあんでそんなにあっちへぴょんぴょんこっちへぴょんぴょん跳ねるんだ!俺のプレイの邪魔だろうが!」
「だ、だって大石、それが俺のプレイスタイルにゃんだし・・・」
「ええいうるさい!とにかく俺の邪魔をするな!畜生の分際で!」
「・・・ふえええええええ不二いいいいいいいい」
「よーしよーし・・・今からあの触角を引っこ抜いてあげようね・・・」
阿鼻叫喚が予想できるので大石には今のままで居てもらいたいものです。

▼佐伯が伊武に似てきた。

「サエさん!いっちゃんとケンカしたからってそんなに落ち込まないで!」
「いいだろべつに・・・どうせ俺なんて誰にも必要とされてないんだよまったくどいつもこいつも偽善者ヅラしてイヤになっちゃうよな・・・」
「・・・ああもう!こんなとこまで無駄に無駄なく完璧なんだから!完璧なまでの伊武だよホントに!バネさーん!ダビデー!誰かー!いっちゃん呼んで来てー!!」

▼不二の趣味・人間観察。

「今日の手塚の下着の色は・・・」
「青と白のストライプ。彼の母上が買ってきたと見たね」
「ふむふむ流石は不二。手塚に関してはこのデータマンでも適わないな」
「またまた・・・そんなことないよ。ぼくがしってるのは手塚のことだけだからね・・・」
「まあな。なんだかんだ言って俺も結局しりたいのは海堂のことだけ・・・ああ海堂・・・」
「・・・ふたりともただのストーカーなんじゃん」
「「何を言うんだ越前!俺たちぼくたちは、ただの愛のデータマンだ!」」
「・・・へー・・・」
青学たるんどる!^▽^

▼黒羽が大人の階段を登った。

「ま・・・まさかダビデと・・・!サエさん!」
「いや違うだろ剣太郎・・・おまえがゲイになったからって一緒にするなよ。なっバネさん!」
「ん・・・や、まあ、な・・・ははっ」
「バネさあああああああんん!!!」
ダビデ×バネッサを推奨します。

▼乾がコンタクトになった。

「・・・先輩、その・・・先輩にこんなこと言うのはどうかと思いますが・・・おしりを隠して下さい!」
「おしり?なんのことかな海堂」
「その・・・顔についているケツです!先輩!」
「顔にケツ?そんなものあったかな・・・」
「わぁ~~~ッちょっこっち来んなぁあああああ!!」
「あ、おい海堂どこへ・・・顔にケツ・・・顔に・・・はて・・・とりあえずデータに取っておこう。海堂はどうやら幻覚が見えるらしい・・・急ぎ受診の必要アリ・・・」
「その前にアンタが病院行くべきだと思うよ。目じゃなくて脳のね」

▼天根がなんか全体的に爽やかになった。

彼は最初からさわやかだと思っております。

▼南の存在が派手になった。

「南が地味じゃなああああい!どうしたの、ねえどうしたの南ィ!戻ってよ、元の南に戻ってぇえ!」
「千石・・・おまえ、俺が派手になったから女の子とられるんじゃないかって心配してんだな?」
「え?・・・いやまあ・・・えへへ。ばれた?」
「ったく・・・安心しろ。最初からおまえは芦野以外の女子には異様に人気がない。つまり女の子は最初から俺がスキだってことだ!」
「そ、そそそそんなあああああ南ィイイイイ!・・・俺、南ヘアーに変えてみよっかな・・・」

▼赤澤が美白に目覚めた。

「観月!そういうわけだ、オレはしばらくテニスはせん!」
「あなたねぇ・・・そんなことしなくともあなたは最初から美白(脳が)なんですからそのままで大丈夫ですよ」
「何!そうか!ならオレは素で美白なんだな!そうか・・・これを美白というのか・・・ありがとう観月!」
「いえいえ・・・(ふっバカの扱いはこんなものです。覚えておきなさい、裕太君)」「(は、はい・・・)」

▼異常なほど冷めた千石が現れた!

えっとそれは中身を外側に全面的に押し出した千石ということで正しいですか?^^

▼観月がデータ集めをやめた。

「ボクはもうデータは集めません!」
「ど、どうしたんすか観月さん・・・それだけが取り得だったじゃないすか!」
「お黙りなさい裕太君!わたしは青学のデータマンたちを見ていて自分があの中に加えられているのかと思うとしにたくなるような心地になったのです!だからもうデータはとりません!」
「そ、そんな観月!じゃあ次の試合はどうするんだ!みんなおまえのデータを頼りにしてるんだぞ!」
「あのですね赤沢、いやバカ沢、なら余計にボクはデータを取る訳にはいかないでしょう!少しは自分で考えることを覚えなさい!このバカ沢!」
「ぬををををををををををををを!!!」

▼真田がサラサラヘアーになった。

「むかつくなぁぁあその髪の毛ぇぇぇくれよ~それ俺にくれよ~~」
「痛い!痛いぞ幸村!髪を引っ張るな!違う!あてつけではない!断じてそのようなことはッ・・・キエエエエ!!」

▼一番おかしくなったな、と思ったのは誰ですか?

地味になる跡部。その瞬間跡部は跡部であることを放棄したとわたしはみなします。
 
▼最後に1人付け足して三人の人に回して下さい!

アンカーで!やりたいなあと思われた方はご自由にお持ち帰り下さいませ^^



ていうかこれ本当に長い!おもにわたしの返答が!もうちょっと短くは出来なかったのかという話ですね・・・リアクションなどなどの部分に文章を費やしすぎました。いつものことですがわたしは本当・・・ふゆちゃん、今度会うときはかならず理科ノートを持参して下さい。ノートの角で思い切りこのふざけた脳味噌をがつんと一発殴ってくれることを期待します。回してくれて本当にありがとう!楽しかったよ!^▽^

それではそろそろM/Wに向けて眠ってきます。おやすみなさい^^^^

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

プロフィール

HN:
芦野汎音
性別:
女性
趣味:
絵描く 歌うたう 本読む ネットサ~フィン(^ω^)
自己紹介:
京都在住、おたく どうじんがわたしの生き甲斐!←
ぎんたま、ばさら、おおふりを愛しています。テニヌの王子様、デュラララ!!に夢中です。愛、溢れ出ちゃう!



※解離性障害(多重人格・不随意運動ほか)を患っています。そのため更新も一人ではなく数人でおこなうことがあるかもしれません。ご了解下さいませ。

※ここに置いてある小説もどきみたいなんは、特に表記のない場合ぜんぶテニヌの王子様二次です。

※CPに節操はありません!お気をつけ下さい!

カレンダー

01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

フリーエリア

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

最新コメント

[12/31 あしの]
[12/31 あずっきー]
[09/27 芦野]
[09/27 あずっきー]
[08/21 芦野]
[08/20 杜鵑花]
[08/07 芦野]
[08/06 マサ]

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス解析