忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

(^O^)|⌒|_


※鳳と宍戸
※高校生設定
※宍戸がダメ人間
※未成年者が煙草を吸う描写があります!ほんとはダメなので真似しないで下さいね!絶対だよ!



あの日夕方の日の光に包まれて、踏み切りの向こう、おまえが言った「さよなら」にまだ縛られたままでいる。



ひとりきりの部屋の中、停滞した空気の中をゆるゆると煙草の煙がうねる。それだけがこの部屋で動いているものだった。煙草など吸わない、あの頃俺はそう言っていたけれど、ここにはもうあの頃の俺はいない。

2ヶ月。2ヶ月のあいだ、俺は部屋から出ていなかった。締め切った窓の外に見える太陽はガラス越しにもギラギラと眩しくて、余計に俺の外へ出ようという気を削ぐ。心身共に健康で、自他共に認める体育会系だった俺は、何ヶ月も部屋に篭りっ放しなんてそんなことが出来るはずないとずっと思っていたが、意外にもまったく外に出ない生活は俺にとってなんら苦痛にはならないようだった。買い物だってここから一歩も動かずすることが出来る。便利な時代だ。外に出ようが出まいが、生きることに支障はなかった。問題は体がなまってしまうことくらいだったが、それすら今の俺にとってはどうでもいい。


「終わりにしましょう」あいつがそう言ったのは、日差しの暖かい日も増えてきた、冬の終わりだった。俺たちがいわゆる「付き合う」という状態になったのは、たしか1年前の冬のことだった。最初はただ、よくわからない焦燥や、無意味に訪れる虚無感を忘れたくて、近くにいた奴に手を伸ばしてみただけだった。誰でもよかった、いうなれば。それが変わりだしたのはいつだったろう。触れることに違う意味がともないだしたのは、いつだっただろう。

「終わりにしましょう。俺たち、このままじゃダメになると思います」あの日、ふたりでいつものようにぶらぶらと歩いて帰る道の途中、踏み切りの手前であいつは急に立ち止まってこう言った。「・・・は?」すでに踏み切りを渡り始めていた俺は、突然かけられた言葉の意味が捉えきれず、振り返ってそう聞いた。「だから、終わりにしましょうって言ったんです」「・・・なんで」「だから、」ダメに、なってしまうからです。そう言ってあいつはうつむいた。うまく気持ちを言葉に出来ないときうつむくのはあいつのくせだった。普段俺はそういうときは、あいつがまた話し出すのをゆっくり待つことにしていた。けれど何故だか、そのときはダメだった。ずっと、あいつと付き合いだしてからずっと忘れていた焦燥が、俺の胸を占め出していた。

「・・・ダメって、なんだよ」俺は、たぶんとても不機嫌な調子で、そう言った。それにあいつは少しびくついたようにして、「それは・・・ダメというか、その・・・」「なんだよ」そして覚悟を決めたようにぐいと顔を上げてこう言った。「俺は、宍戸さんのことが好きでした。もう、ずっと前からです。でも、宍戸さんは俺のことなんか好きじゃない。それでもいいと思ってました。俺は、宍戸さんのそばにいれたら満足だから、それでいいって・・・でも」そうじゃなくなってしまった、と、またうつむきながらあいつは言った。

「宍戸さんが、俺を選んでくれたこと、すごく嬉しかった。中学の頃に、特訓の相手を頼まれたときより嬉しかったかもしれません。俺の気持ちがやっと伝わったんだって、すごく嬉しかった。けど、そしたら俺、なんかすごく不安になっちゃって。宍戸さんが俺を選んでくれたことと、俺のことを好きかどうかが、ほんとに関係してるのか、とか。宍戸さんが俺のことを好いてくれてるのかがすごく、気になるようになってしまって」

「わかってるんです」そうあいつは、まるで俺に口を挟ませまいというかのように継いだ。「宍戸さんがそういうものを俺に求めてるんじゃないってことも。俺たちはそういうんじゃないってことも。ちゃんとわかってるんです。でも、俺、このままだとどんどんわがままになってしまう。宍戸さんにもっとちゃんと愛されたいと思ってしまう。このままじゃいけないと思うんです。俺たち、」このままじゃダメだと思うんです。そこまで一気に言い切って、奴はまっすぐに俺の瞳を見た。「さよならしましょう。宍戸さん」


そして俺は、あいつの言葉に何ひとつ言い返すこともせず、家に帰ったのだ。家に帰って、そのまま家から一歩も出なくなった。何故こんなにも何もする気が起きなくなったのかは自分でもわからない。ただ、その日から俺は家に引き篭るようになった。外に出ず、学校にも行かず、すべてを放棄して、ただ家の中でひとり殻に篭る日々を過ごすようになった。なにもかもどうでもいい。急激な虚無が俺の胸を支配していた。

ひとりで部屋に篭り続けていると、ほとんどの感覚が麻痺してくる。そのかわり頭の中を占めるのはあの日「さよなら」を告げたあいつのことばかりだ。

本当は、あの日俺はきちんと言わなければならなかったのだ。「おまえのことが好きだ」と。たとえ言い訳に聞こえたとしても。俺は言わなければならなかった。おまえの言うようなことばかりでおまえとこうしているわけじゃないと。俺はおまえが好きだからいっしょにいるんだと。まだいっしょにいたいんだと。感覚の麻痺した頭の中で、あの日言えなかった言葉がぐるぐるとまわる。今からでもきっと遅くは無い、電話をかけろ、好きだと言うんだ。そう、俺の頭の隅から声が聞こえる。けれど今の俺には電話をかけることさえ出来ない。今の俺では太陽に負ける。おまえに会えない、こんなんじゃ。そうして今日も1日が終わる。



あれから2ヶ月経った今でも、俺はあの日、夕方の日の光に包まれて、踏み切りの向こう、「さよなら」を言ったおまえに縛られたままでいる。



とりししでこんな暗い話を書くなんて^^べつにわたしがこんな気分なわけではないです。太陽には負けそうですが^^^^頑張れわたし!^O^

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

わぁお!

  • ぐれ。ている亮
  • 2009/06/13(Sat)11:27:40
  • 編集
し、しししししし・・・宍戸が・・・!!

せつねぇ!長太郎もせつねぇ!うわぁ!私今泣きそうです!!ガチでカシマシ!((
もう最近宍戸が好きすぎてどうかしています。いや、もともととか言わないで。もう芦野さんの切ない鳳くんと宍戸くんを読んでまた発狂しました。

ああああああ!宍戸!高校生設定イイ!タバコはいけませんよ、宍戸。あなたの美声がなくなっちゃう、あなたの体を蝕んでしまう。

そんなあなたが好きだけど!(何)
ほんと、宍戸が好きです。あぁ。宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸宍戸・・・

ぐれ。は狂ってしまったようなので失礼します。

はじめまして^^

  • キミコ
  • 2009/06/15(Mon)10:51:43
  • 編集
すごくよかったです!ってありきたりの言葉でごめんなさい。
せつなさが胸に押し寄せてきました。苦しい!
早く宍戸さんを部屋から出してあげてくださいね!そして、
「おまえのことが好きだ」と言ってくれる宍戸さんを待っています^^
次作も楽しみにしています!

わー・・・!

  • 芦野
  • 2009/06/15(Mon)17:09:30
  • 編集
コメントが・・・2件・・・!
ふたりの方からいただけるなんて思いませんでしたありがとうございます!力!(^▽^)

グレグレの亮さん笑>
ちょ・・・!ししど言いすぎ!ばくしょうありがとうございます!!
もう亮ちゃんの宍戸愛にはどうやっても勝てないわ・・・あれだけ宍戸を打ちまくる愛になんて、わたし勝てない。脱帽です。
しかしわたしもたとえ亮ちゃんには適わなくとも宍戸が好きです。
たとえひきこもってしまうダメ人間であろうとも、宍戸が大好きです。
どんな宍戸も愛してます。
宍戸がいればわたし生きていける!そんな気持ちでこれからも宍戸、書いてゆきます。やるよ。わたしやっちゃうよ!
そのときは、まじにおまえを俺の文でクレイジーにしてやるからな!いいなメス猫!心してろよ!アーン?(・´_ゝ`)

キミコさま!>
はじめまして!コメントありがとうございます滅茶苦茶嬉しいです!!
どこでどう見つけていらっしゃったのかが本気で気になるところですが笑、
なんにせよ、わたしの文にせつなさやらなんやらを感じて下さったとのことで、わたしとしては本当、感無量です。
もう胸がいっぱいでどうしたらいいかわからない・・・泣いてもいいですか。いやダメと言われても泣いてしまうと思いますが。
キミコさまに「宍戸を部屋から出してやって」と言われたからにはなんとしても出してやらねば・・・!
続編、書いてやりますよ。頑張ります。ウッス!
ぜひ、期待せずに待ってやって下さいね^^キミコさまの言葉と宍戸へのmoeがわたしの力!

それではこのへんで・・・お二方ともありがとうございました!また覗きに来てやって下さいね!よろしくお願いします^^

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする

プロフィール

HN:
芦野汎音
性別:
女性
趣味:
絵描く 歌うたう 本読む ネットサ~フィン(^ω^)
自己紹介:
京都在住、おたく どうじんがわたしの生き甲斐!←
ぎんたま、ばさら、おおふりを愛しています。テニヌの王子様、デュラララ!!に夢中です。愛、溢れ出ちゃう!



※解離性障害(多重人格・不随意運動ほか)を患っています。そのため更新も一人ではなく数人でおこなうことがあるかもしれません。ご了解下さいませ。

※ここに置いてある小説もどきみたいなんは、特に表記のない場合ぜんぶテニヌの王子様二次です。

※CPに節操はありません!お気をつけ下さい!

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

最新コメント

[12/31 あしの]
[12/31 あずっきー]
[09/27 芦野]
[09/27 あずっきー]
[08/21 芦野]
[08/20 杜鵑花]
[08/07 芦野]
[08/06 マサ]

ブログ内検索

バーコード

カウンター

アクセス解析